豊橋市にて、体質の改善による妊娠しやすい体づくりを目指し、不妊治療のためのサポートを行います。

体のメンテナンス Reset 豊橋店


カラスミって妊活にどう?

今朝、TVで長崎県のボラのカラスミのお店が取り上げられていました。カラスミは卵巣(主に魚のボラの卵巣)を塩漬けにし、水分を飛ばしたもの。おつまみにしたり、女性ならパスタに使ったりしますよね。
放送を見て、ふと思ったのですが、「妊活にカラスミっていいんじゃないの?」

貧血の人はレバー(肝臓)を食べると良いと言います。鉄分が豊富だからね。
じゃあ、卵巣の不調にはカラスミがいいのではないか??そんなふうに思いました。

そんな単純なこと?そんなことないでしょ、って思うかもしれませんね。だけど、そもそも、人も動物も魚も同じ臓器は同じ働きをします。ということは、同じ成分を多く含んでいるということになります。
肝臓は体中の血液が集まってくる臓器です。血液が集まったものを食べるということは、血液成分が多く含まれているでしょう。
卵巣も人と魚の違いはあれど、卵を作り出す臓器であればそのために必要なたんぱく質などの栄養素が豊富に含まれていることでしょう。

実際、カラスミの栄養価を調べてみると、タンパク質・脂質が豊富で、中でもオメガ6系やオメガ3系の脂肪酸の含有量はトップクラスで、ビタミン、ミネラルも豊富に含まれているといいます。
私が調べた限りでは、妊活中の女性に摂取して欲しい成分がすべて含まれていて「やっぱりいいじゃん!」っていう感想でした。

ただし、注意点もあります。1つは、カロリーが少し高いこと。100gあたり、423kcalとのこと。
2つ目に、ワックスエステルという、人間の体内では消化できない油も含まれているということ。食べ過ぎはお腹を下してしまうことも考えられます。
この2点から食べ過ぎに注意です。ちなみに、ボラ以外の魚の卵巣で作られたものならワックスエステルの含有量もそこまで高くないようです。(長崎大学の研究チームの発表より)
そして3つ目に、高価であるということ。これが一番問題かもしれません!

そもそも、高価であるため食べ過ぎるということはあまり無いと思います。まあ、カラスミに限らず、なんでも食べ過ぎは良くないですけどね。

結論:妊活にはすごく向いていると思うけど、高いよね!食べ過ぎは禁物!


長崎の不妊治療の病院で、カラスミと不妊の関係を調査してるところはないのかな?また、カラスミ以外にも卵巣って食す習慣あったかな?鶏キンカンってどうだろう?ご存知の方がいたら教えてください。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

体のメンテナンス Reset 豊橋店のご案内

住      所:
〒440-0837 愛知県豊橋市三ノ輪町本興寺41-1 CREST1 2階
アクセス:
アピタ向山店から南へ車で3分 カーブス隣。三ノ輪ゴルフ・モスバーガー向かい
お問い合わせ・ご予約
0532-21-5118
営業時間:
10:00~12:00/14:00~20:00
休業日:
月曜、日曜、祝日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ